努力はちょっとづつ小分けに、ルーティン化すると成長しやすいって話【脱三日坊主】

\この映画レビューをシェアする/

頑張りたくない、だからコツコツやることにした

みなさん、毎日楽しんでおりますか。スガカズでございます。

「努力」ね。うん。

いやー、嫌いな言葉です。

僕はもともと、努力ってもんが好きではないのです。

なぜかって、「努力 = 我慢」みたいな図式がある気がするんですよね。

言葉の捉え方次第ってとこあると思うんですけど、我慢してまでする行動は、絶対に身にならないと思うんですよ。実際、僕は三日坊主の代名詞みたいな人間で、今まで数々の身にならない努力をしてまいりました。

そんな僕が、最近はこの1月に立ち上げたブログの執筆を含め、読書やプログラムの勉強、果てはランニングなんかを結構継続できていたりします。それはなぜなのか?どこで何が変わったのか?

要因はただ一つ

「好きなことを、毎日小出しにしてみた」です。

あんたも好きねぇ、ちょっとだけよぉんの精神が大事

自分で書いてて、この見出しはな、どうかなって思うよね、本当にね。

わざわざh3で言うことなのかね。

でも、本当にこれが効くんです!もはや努力しているって感覚もないですもん。

好きなことを好きなようにちょっとづつやってる、ただそれだけです。

具体的にどんなことを意識しているのかと言う

  1. 1つの「努力項目」を「30分単位」に分ける。
  2. 決めた時間が過ぎたら、どれだけノッテいても絶対にそこでストップ。
  3. 「ついでにやる」を超大事にする。

この3つだけを全力で意識しています。

それぞれどんな風に活かしているのか、詳しく書いてみます。

1つの「努力項目」を「30分単位」に分ける

これが一番大事かもしれませんね。

今の僕だと、強く意識している努力項目は

「ブログ執筆」「WEB知識の勉強」「プログラミング系勉強」「家事のお手伝い」

の4つです。あんまり多いと、さばききれないので、今の僕の実力値だと

この4つくらいがちょうどいいって感じです。

まず、この4つを毎日ルーティン化して定期的に取り組むことに決めました。

そこから、社畜の僕としてはいちばん重要なのは「帰宅時間」の確保です。

それぞれ30分づつ行うのであれば、必要な時間は約2時間。

この2時間を確保するには、何時に帰ってくる必要があるのか?と言う

逆算から、毎日の「帰宅目標時間」を設定しました。

この「逆算」をできるようにすることが重要なんです!!!

努力を時間という単位で区切っちゃうことによって

強制的に時間を確保して「やらない理由」を排除しちゃうんですよ。

進捗度ではなく、「時間単位」で達成を測るのです。

生産性を高める、という点では逆を行っているように思うかもしれないんですが

三日坊主よりは、亀の歩みでも継続することの方が尊いのです。

何よりも優先するのは「継続」することです。質や生産性はその後に着いてくると思ってます。

どれだけノッていても終わりの時間がきたらストップする!

いや〜、ついついやっちゃいませんか?徹夜。

優秀な人ほど、努力ができる人ほどついついやっちゃう。

ランナーズハイみたいにどこまでやれちゃうぜ〜って瞬間ってありますよね。そういう時って生産性も高いし、素晴らしい成果物ができたりします。

でもでも、これを止めるんです。

30分と設定したら、どれだけノッていてもその設定した時間になった瞬間止める!

どれだけ中途半端でも辞めちゃいましょう。明日続きをやればいいんです。

常に中途半端な状態を作っておくことで
「えいやっ!と腰を上げてスタートさせる」労力を分散させるんです。

いやー、そんな気合出てきませんもの。スリープ機能大好き。

日々スリープモードを心がけて「ちょっとだけよぉん」の精神を貫くのです。

「ついでにやる」を超大事にする

そしてこれもかなり有効だと思っているのですが、「ついでにやる」を

徹底的に意識しています。

具体的には

「通勤のついでに」ブログを書く

「通勤のついでに」ランニングする

「お風呂のついでに」読書する

などなどです。

僕は実はバスで通勤をしているのですが、確実に座れる環境なんです。

だからついでにブログを書いちゃいます。

そして、バス停から家までは程よい距離感なんです。

だからついでに家までランニングしちゃいます。

ぼくは長風呂が好きなんです。

だからついでに読書しちゃいます。

お気付きの方もいらっしゃると思うのですが、この「ついでに」っていうのは

強制的に「時間」を区切ってるんですよね。

例えば通勤なら、電車、バスが目的地に着いたら強制終了です。家までのランニングも同じ、バス停から家までという「区切り」が自然と生まれていますし、お風呂ならのぼせるので時間に限界があります。

こんな風にして、時間を区切ってその時間だけは「一つのことに集中する時間」を作ることが大事だなぁと思っています。

毎日30分やるのが難しいなら、15分から始めましょう。15分が厳しいなら5分から始めましょう。5秒でもいいんです!

とにかく、毎日毎日確実にルーティンをこなしましょう。質は後からでいいじゃありませんか。

頑張ることより、「続けること」の方が大事

まぁ、大概のことはちょっと長くやってみないとその楽しさも難しさもわからないものですよね。三日坊主だった僕が今定期的に色々なことに取り組めているのも「頑張ること」を辞めたからです。

できるだけ楽しそうなことを、できるだけ小出しに毎日やっていく。

それだけでも、結構気づきや成長を実感することって多いです。

是非是非、一緒に立つ三日坊主を達成しましょう。

まだまだ油断大敵です。

この記事を書いたら30分読書して寝ますよ。どれだけ途中でも(笑

\この映画レビューをシェアする/

\twitter、RSSフィードでフォローする/

スポンサーリンク