超高速!参勤交代リターンズ【映画レビュー】| 笑いあり、アクションあり、美女ありの名作!

\この映画レビューをシェアする/

超高速参勤交代タイトル

©️「超高速参勤交代」製作委員会

笑いあり、アクションありの娯楽大作!超高速参勤交代リターンズ!

巷で話題の傑作娯楽時代劇コメディ!!!

「超高速!参勤交代」の続編、「超高速参勤交代リターンズ」です!

いやー、1作目を観たときは驚いたね!

ただの時代物コメディだと思っていたんですけど、その実ものすごく気合いの入った勧善懲悪時代劇ものでございました。

「超高速!参勤交代リターンズ」YouTube公式アカウントより引用

個人的には1作目よりもコメディとシリアスのバランスが取れていて映画として完成度が高いなーっと思いました。

笑いあり、ど迫力のチャンバラあり、そして美女あり。

時代劇のお約束を全部きっちり押さえた名作でございます。

気合いの入った殺陣(たて)で見せるド迫力チャンバラ!

超高速!参勤交代の華、チャンバラシーン!

何よりもこの「超高速!参勤交代シリーズ」をただの時代物コメディで留めていないのは、「殺陣」シーンに気合いが入りまくりだからです!

主演の佐々木蔵之介さん演じる、主人公「内藤政醇」はまさに「剣豪」なのです。バッタバッタと敵を斬り伏せていくその姿は本当に爽快!

というか湯長谷藩の面々の強さが尋常じゃない。

殺陣だけで言えば、実は1作目の方が迫力ありましたけど・・・!2でもチャンバラへの気合いは健在ですよ!男の子ならこの映画を観た後と無意味に棒状のものを振り回したくなるはず!

王道直球の勧善懲悪ストーリー!

悪役の手本「松平信祝」

何と言っても勧善懲悪の王道ストーリーが時代劇のお約束ですよね。悪い奴が出てきて懲らしめる!単純明快なこのストーリーこそ「参勤交代シリーズ」の魅力です。

悪の親玉、陣内孝則さん演じる「松平信祝(のぶとき)」の純粋な悪ッぷり!こういう同情の余地のない悪役は大好きですね。1で懲らしめられたにも関わらず、前作以上の悪役っぷりを見せてくれます。

こいつだけは世の中のためにやっつけねばならぬ!そんな気持ちにさせてくれる気持ちのいい悪役を、主人公たちが一致団結して友情と努力と工夫、そして純粋な強さで打ち倒す

観ていて不安感のない、すっぱりキッパリしたストーリーです。かといって工夫がないわけではなく、絶対にハッピーエンドなのはわかっているけど、演出がうまいから結構ワクワクするんですよね〜!

それぞれのキャラクターが良い味出してる!

湯長谷藩の藩士たち!

参勤交代中の面々

「7人の侍」「荒野の七人」よろしく、立ったの7人で大軍勢に立ち向かう。そんな日本人スピリットにビビッとくる設定です。

アイディアマンから力持ち、イケメン弓使いに渋い忍者・・・そして猿使い。バラエティにとんだ仲間たちはそれぞれに強みを活かして大活躍します。

特にアイディア担当の相馬兼嗣(西村雅彦さん)がめちゃくちゃいい味出してる・・・。

事あるごとに「相馬!知恵を出せぃ!!!」と無茶振りをされるんですけど、見事に知恵を出していく姿がかっこいい・・・、毎回グダグダだけど(笑

麗しい深田恭子さんの魅力ですわ・・・

深キョンの美しさ・・・

そして何よりも、深田恭子さん演じる「お咲」の美しいことよ・・・。控えめに言って可愛すぎる・・・。

基本的に汚い男どもが、グッチョングッチョンになって頑張る本作において、ほぼ唯一の「美しさ」担当です。

健気に頑張る、自分のできることを精一杯やる。だけどきっちり拐われたりしてお姫様の重要ポジションを全うするなど、完璧な立ち回りですね。いや、深キョンが好きなだけとかではないですよ?ほんとほんと。

とりあえず深キョンファンは「超高速参勤交代」見ましょう。今すぐ1、2合わせて見ましょう。

アクション、笑い、悪をやっつける爽快感!見ていて気持ちの良い〜映画!

超高速!参勤交代

いや、本当に1、2共に爽快な映画ですね!おじいちゃんたちが時代劇大好きな気持ちが僕もわかってきました。余計なこと考えずに楽しめるんですよねー勧善懲悪ものは。

しかも、この超高速!参勤交代シリーズは、ただのコメディではなくアクションもすごく気合いが入っているので、絵面に全然飽きない。

コメディとアクションのバランスが良い映画は長く愛されますよねー。金曜ロードショーとかでやってたら思わず見ちゃう、そんな安定感抜群の映画だと思います。

今回は続編であるリターンズのレビューですけど、1もレビューの内容はほぼ同じですね(笑) いや、良い意味で!良い意味で内容を変えずに、そのままぶち当ててきた感じです。監督の「本木 克英さん」は続編に何を求められているのか、しっかり理解してらっしゃいますね。

是非是非、1、2合わせてご覧くださいな。

あなたはこの映画見ずにシネマスカ・・・?

それでは!また次の映画でお会いしましょう。

またね〜。