【映画感想】GANTZ:0|言いたいことは山ほどあるけど、山崎杏ちゃんが可愛いということは伝えたい。

\この映画レビューをシェアする/

© 奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会

GANTZのあるべき映像化の姿!最先端の3DCGで魅せるGANTZワールド!

© 奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会

みなさま、お元気でしょうか。スガカズでございます。

今回は「GANTZ:O」です!劇場で見逃してしまった一作です!やっと見れたー!

いやー、ガンツについては色々と想いがあるんですよー・・・初めて読んだ時の衝撃は忘れられません。ネギ星人編の不気味さ、そして仏像編での全滅・・・鬼星人編の熱さと大阪編の地獄・・・まぁラストは、うん。

そんな各エピソードの中でも、仏像編に次ぐ原作屈指の地獄、大阪編を再編集したのがこの「GANTZ:O」です。

ストーリーのあらすじはあえて書きません。大阪編の話にほぼ準拠しています。ちょっと映画に合わせて調整してる程度です。このブログにくる人は多分ガンツのことは知ってて読んでますよね〜?

色々と良いところはあったし、語りたいところはあったのですが、今回皆さんにこの映画の魅力としてお伝えを注力したい点は「山崎杏ちゃんが可愛い」ということです。

山崎杏ちゃんが天使すぎる映画でした

© 奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会

「偽善者星人!」

原作でも有名なシーン。

もうね、表情や仕草

何をとっても可愛いです杏ちゃん。

原作でも徐々に加藤に惹かれていく姿や、以外に健気で尽くすタイプなところが垣間見えるところがほんと〜に可愛いのですけど、映画だとそれがまた一段と良い!

© 奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会

声優のM・A・Oさんのなんとなくぎこちない大阪弁がまた更に良い・・・僕は関西人じゃないからですかねー違和感はなかったです。可愛いです。うん。

3DCGの進化は可愛いを作れる!

© 奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会

というか、GANTZ:Oは最初はちょっとCGのクオリティに「あれ?」って感じだったのですけど、大阪に移動したあたりからめちゃくちゃクオリティが上がります。人の肌などの質感やモンスターの実在感が素晴らしいです。「シドニアの騎士」などのアニメ的表現とはまた違った形の3Dの実力を楽しませていただきましたねー。

そして何より、女の子たちのねー、もうね、すごい自然に揺れるんですよねー。何がとは言いませんけどねー。あれには製作者さんの尋常ではないこだわりを感じましたね・・・。愛とエロは技術を進化させますよねー。ガンツスーツってそんな揺れるの・・・って思いました。

そんな諸々の3D技術が実現した尋常ではなく可愛らしい杏ちゃんが見れるのはGANTZ:Oだけ!!!

© 奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会

ぬらりひょんとの最終決戦前の杏ちゃんと加藤のやり取りは必見です。杏ちゃん可愛すぎるし、加藤かっこよすぎ。レイカのこと全然話しませんけど、うん、まぁ綺麗でしたよ(キャラ贔屓)

女の子だけじゃない、クリーチャーデザインも原作準拠で素晴らしい

© 奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会

人間だけじゃなく、モンスターのクオリティも素晴らしかったです!怖い!きもい!かっこいい!のガンツらしい造形と不気味さでしたねー。妖怪たちの描写もそれぞれに個性があってすごくよかった。「あー!こんなやついたいた!」って原作ファンなら嬉しくなりますよ。

© 奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会

中でもやはり「ぬらりひょん」の存在感と気合の入り方は凄まじいです。第一形態の飄々としたところや、岡のガンツスーツとの殴り合いなど原作の見せ場を見事に再現していますね。

© 奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会

特に最終形態。あの絶望感を見事に表現していました。最終形態の姿は是非実際に見てみてください。画像は載せませんけど、岡のガンツスーツとロボットのシーンも流石のクオリティでした。かっこよかったわぁ。

ぜひ、仏像編・鬼星人編も制作いただきたい!!!

© 奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会

こんなクオリティでGANTZを、見せられたら正直期待しちゃいますよねーって思うくらいGANTZ:Oのクオリティは高かったです。単純に原作ファンとして楽しめました。

原作からの改変も映画としてまとめるなら適切な範囲内だと思いますし、かえって分かりやすくなっていると思います。編集の方の手腕が素晴らしい。

とにかくアクションシーンとおっぱい(あ、言ってしまった)に気合いが入った素晴らしい映画化です。ガンツの魂は、不気味さと戦闘の子気味良さと、そして女の子でできているということをよく理解してらっしゃいますね!

© 奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会

あと地味に、室谷役のRGさんが声優上手でびっくりしました。大阪弁の役ならオファーいっぱいくるんとちゃうかな〜。大阪チームの面々は原作よりもちょっと大人しめだけど、見応えはありました。

でも、やっぱり男としては加藤に憧れる。

© 奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会

この映画、杏ちゃんだけの映画ではありません。

やっぱり主人公である加藤のかっこよさあってのものですよね。

© 奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会

絶対に諦めない、不屈の正義の味方。怯えながらも前に進む勇気を持った加藤の姿にはやっぱり魂が震えますね。僕は基本計ちゃん派なんですけど、やっぱり大阪編の加藤はかっこいいです。

可愛い女の子あり、かっこいい怪物あり、そして魂を震わす男の背中あり。

男の子が大好きな要素が詰まった「GANTZ:O」絶賛レンタル中でございます。是非是非ご鑑賞くださいませ〜!

あなたはこの映画見ずにシネマスカ?

ではまた、次の映画でお会いしましょー!ばははーい!