【ネタバレ感想】モアナと伝説の海|海と島を巡る大冒険!ワクワクする方へ心を向けよう!

\この映画レビューをシェアする/

©Disney 公式サイトより引用

「とにかく、ワクワクする方へ!」現代人にとってめちゃくちゃ大切なことがメッセージの映画

©Disney 公式サイトより引用

みなさん、スガカズの映画レビューのお時間でございます。

今回はディズニーの最新作

「モアナと伝説の海」です!

正直、あまり期待せずに劇場に足を運んだのですが、これがめちゃくちゃ良い作品でした。

フロンティアへの憧れ、冒険、そして家族や友人との愛、大切なことがめいいっぱい詰まった作品でした。

モアナという映画全体で、伝えたいメッセージが非常に明確な映画でしたね。

「心がワクワクする方へ、一歩一歩進もう!」そう言ったメッセージをしっかり受け止めました。

モアナの旅、そしてあらすじ

どこまでも続く海、突き抜けるような青い空、そして大地の恵み豊かな大地。

物語の幕開けの舞台となる「モトゥヌイの島」は、そんな憧れの南国の島です。

モトゥヌイの族長の娘として生まれた主人公「モアナ」

幼い頃から人一倍「海」が大好きで、心惹かれ続けていました。

©Disney 公式サイトより引用

ですが、モトゥヌイには代々守られてきた大切な掟がありました、それは

「サンゴ礁を超えて外の海に出てはならない」

というものです。

モトゥヌイの島の人々は、代々この掟を守り暮らしてきました。

©Disney 公式サイトより引用

しかしモアナのおばあちゃんである「タラ」は、島に伝わるある昔話を通じて、子供達にメッセージを伝え続けていました。

「海しかなかったこの世界に、女神テフティが島や植物、そして生き物たちを作った。テフティには”心”を創り出す力があったのだ。そんな彼女の力を欲した世界中の悪党は、テフティの力の源、”心そのもの”を奪おうとした。

半神マウイも心を狙った一人。マウイはテフティの心を奪い出すことに成功したが、逃げる途中で溶岩の怪物テ・カァに襲撃を受けてしまう。マウイは攻撃を受ける最中、テフティの心を海に落としてしまう。それから、テフティの心を失った世界は、どんどんと暗く、闇に閉ざされて行くことになってしまった。」

「いつか海に選ばれし者が、サンゴ礁を超えて心をテフティに返しにいくだろう」

©Disney 公式サイトより引用

大きくなったモアナは、日ごとに海への憧れを強めていきました。

村長の娘として、次の村長になる責任と宿命を背負った中でも、海への憧れを捨て切れません。

期待される村長としての役割、でも心は海に惹かれてしまう・・・そんな「外からの期待」と「自分自身の憧れ」の間で迷う日々をすごしていきます。

しかし、モアナは「島の秘密」や、「テフティの心」のこと、そして「海に選ばれし者」の使命を知っていき、そしてあるきっかけで海への冒険へと旅立ちます。

モアナの海への憧れは?冒険の果て、テフティの心を返し世界の平和を取り戻せるのか?

広い海と、いくつもの島々を巡る大冒険

その旅の果てで、モアナは何を得るのでしょうか?

©Disney 公式サイトより引用

「ディズニープリンセスっぽさ」を良い意味で克服した、冒険活劇作品!

想像よりもしっかりと「冒険」を描いた作品でしたね、モアナは!

モアナの一番の見所はまさに「冒険活劇」の部分です!

これは、「ワクワクする方へ進むことの嬉しさ、楽しさ」そして「自由に生きることの責任と苦難」を描き切っているという意味で、「活劇」なのです。

数々の島や海を舞台に、想像していたよりもずっと、キャラクターたちがイキイキと動き回ります。

そんな活発なキャラクターたちを支えるのは、冒険を通してモアナの成長を描く、古典的なストーリーラインです。

「アナと雪の女王」で描いた「自分らしく生きること」を、モアナは自分自身の努力と覚悟でつかみとりにいきます。

©Disney 公式サイトより引用

モアナは冒険の中で、数々の苦難を乗り越えて行きます。

苦難といっても、ディズニーらしくその苦難たちも可愛かったり、愛嬌のある苦難たちですが(笑)そのあたりの面白おかしい敵キャラクターたちも見所の一つです。

©Disney 公式サイトより引用

一つ一つ試練を乗り越えるごとに、どんどんと成長して行くモアナの姿には本当に感動します。「強い女性像」と書くとなんだか主人公が女性であることに特別性が出るので、僕はあまり好きではないのですが、モアナの生き様はたくさんの人に夢を与えると思います。

「自由に生きたい・・・でもそんなこと夢物語だよなぁ・・・」

そんな風にくすぶってるあなたにこそ、見ていただきたい作品です。僕は背中押されましたねー・・・この作品によって人生変わっちゃったかも、と思うくらいです。

愛と冒険に満ちた、勇気をくれる作品

©Disney 公式サイトより引用

モアナとおばあちゃんの絆、モアナと両親の絆、マウイとの絆、テフティとの絆・・・そして先祖の絆。

「モアナと伝説の海」はたくさんの愛と絆で紡がれた物語です。

冒険を支えるのはいつだって「待っていてくれる人の想い」なんです。

モアナは、自分の自由な人生を掴み取ることを諦めません。心が向きたがる方向へ、自分に嘘をつくことなく、素直にむかっていきます。でも、両親や村の人々の想いに背を向けるわけではありません。

©Disney 公式サイトより引用

自分のあり方と世界への関わり方、そんな大事なことを古典的なストーリーの中でしっかりと描ききった本作。映像の美しさはさることながら、その明確なメッセージ性にすごく心を打たれる作品でした。

「毎日にワクワクするか?自由に生きる上での覚悟はあるか?」

そんなことを問いかけられる作品だと思います、そして「ワクワクする方」へ漕ぎ出す背中をそっと後押ししてくれるような、そんな温かい映画でした。

素晴らしいPVですので、こちらの予告編をどうぞ!

©Disney 公式サイトより引用

〜ネタバレ感想とまとめ〜

正直、本当良い意味で期待を裏切ってくれた作品でした。

特に「海賊カカモラ」たちとのバトルシーンはワクワクしましたねー!ディズニーだから、そんなに大変なことにはならないだろうというのはありつつ、元気いっぱい画面中を走り回るモアナとマウイ、そしてカカモラたちは最高に可愛らしかった。

ラストの終わり方も大円団でめちゃくちゃスッキリ、このひねりのないどストレートなハッピーエンド!これがいいんですよ〜これでいいんですよね〜。ディズニーにはあんまりこの辺捻くって欲しくないんですよ。

ちなみに・・・なぜか僕は、テ・カァの正体がテフティなんだと全く予想していなかったので、なるほど〜!と驚けたことも結末に満足できた一因かもしれません。いや、普通に予想できそうなもんだったので、みなさんわかってたかもしれませんが・・・笑

なんにしても、序盤の展開から、モアナが壁にぶつかって心折れてしまうシーン、そしてそれを乗り越えて使命を果たす展開まで、終始王道のストーリーラインをしっかりなぞってくれたことが非常に良かったなぁと思いますね。王道大好き。

あとモアナのちょっと筋肉質なもっちりした感じが、今までにないディズニープリンセス像を表現していて良かったですね、元気な女の子、エネルギーに溢れた生き方をキャラクターから感じさせてくれる素晴らしいデザインでした。

正直、「アナと雪の女王」「スートピア」ときて

そろそろディズニーさんはずす頃かしらん。と謎の上から目線で劇場に足を運びましたが、全力でお詫び申し上げます。モアナはスゴーーーク良い映画でした!僕の奥様は今までのディズニー映画で一番好きとおっしゃっていたほどでした。

あとちなみに、恒例となっている同時上映の短編「インナー・ワーキング」も素晴らしかったですよ。モアナと同じようなメッセージ性で全然違う見せ方をしていましたね。モアナとインナー・ワーキング、合わせて今ディズニーが世界に伝えたいことってこれなんだなーっとハッキリわかる組み合わせでしたね。

本当に最近のディズニーは良い!実写版「美女と野獣」もめちゃくちゃ楽しみです。

モアナは特に、主題歌が頭から離れませんね・・・前向きな歌詞ですし、すごく好きです。

ではでは、次の映画でまたお会いしましょう!

あなた、この映画見ずにシネマスカ?

それではー!